健康瓦版 Vol.38

2021.07.06

新型コロナ感染症の中成薬・漢方薬の対応

治療薬や予防ワクチンが開発されていないため、不安になってしまいます。

まして基礎疾患を持っている人は罹患した時のダメージは大変なものです。

感染症発生直後、武漢にて1000人以上の治療にあたった、張伯礼(ちょうはくれい)医師を講師としたWEB交流会に医師・薬剤師・漢方専門の医療従事者730人、私も講義に参加しました。

主な症状は、発熱・空咳・倦怠感で、一部の患者には鼻づまり・鼻水・のどの痛み・筋肉痛・下痢などが見られ、感染初期の症状は穏やかだが、症状の変化が早く、急速に悪化します。5段階(軽症・普通型・重症・重篤・回復期)に分類して治療されています。全ての患者に漢方薬を服用させて重症化を防ぎました。

また、現代医療に中医治療法を併用して軽症患者の重症化率、重症患者の症状軽減率と死亡率において顕著な効果がありました。

予防としては、気虚タイプであれば「玉屏風散」や「補中益気湯」が良いようです。軟便気味・味覚を感じないなら「藿香正気散」。

咽喉がよく渇く、咽喉が痛くなりやすい、咽喉の炎症があれば「五味消毒飲」が適しているようです。

また基礎疾患をお持ちの方は「血栓」が出来ないように「血必浄」といって微小循環改善・心肺機能を改善して、ウイルスの増殖を抑制することが肝要です。紅花・赤芍・川芎・丹参・当帰といった生薬配合が対応できるということです。

まず手洗い・マスク・うがいをしてさらに漢方薬で粘膜(目・鼻・口・咽喉)ガードも出来たらよいですね。

 

 

高新文化教室がコロナの影響で途中で休講にになってしまいました。残念。

次回、開催できるか、また受講生がいるのか心配です。火曜日開催より休日のほうが良いかしら?

 

営業時間:土曜・日曜・祝日を営業するようにしたら、予約枠が満杯になる日が出てきました。火曜日を休みにして、なるだけ相談に来店しやすいように努力しています。お客様の相談に来店しやすい工夫をしていますので何なりとリクエストをしてください

当日でも18時迄に連絡いただければ来店されるまで待っています。