漢方薬はどの位で効果が出ますか?

2019.03.17

「一般論として急性症状(風邪やぎっくり腰など)や軽い症状の不眠・不安・鬱症状・自律神経失調症には思いのほか即効があり、慢性化したもの(糖尿病・高血圧・腎臓病など)は長期に取り組む必要があります。
個人差があるので、これくらい飲んだら確実にこうなると断言できません。
また子宝漢方では、年齢幅があり28歳から46歳まで、期間も6ヶ月から3年以上の取り組みをされて妊娠・そして出産されたケースもありますが、どのくらいで効果が出るか保証も確実なお答えもできません。申し訳ありません。